ノミや南京虫駆除の必要性|業者による点検を実施すれば一安心

作業員

鳩の脅威から家族を守る

女性と作業者

日常生活を過ごす場所の衛生環境に悪影響を及ぼす害獣の中に鳩がいます。細かく分けると害鳥に分類される生き物ですが、その衛生被害は大きなものとなっています。鳩は日本各地のあらゆる場所に生息し、その数は計り知れません。その生息範囲や数に伴ってその衛生被害の件数も多いものとなっています。鳩による衛生被害について知り、駆除の重要性について考える必要があります。
鳩による衛生被害で挙げられるのは糞害です。鳩はその習性により、繰り返し同じ場所に糞をするため、公園等であった場合には衛生面においても悪影響であり景観を崩すことにもなります。また、多くの被害が起こっている場所はマションやアパート、住宅等のベランダです。人の住む住居への衛生被害が発生した際には、そこに住んでいる人々の健康面への悪影響がでる可能性も発生してきます。また、飛来する鳩の数によっては騒音被害にも発展するでしょう。被害が大きくなる前に駆除業者へ依頼することをお勧めします。自力での駆除も可能ではありますが、糞等の清掃には危険が伴います。鳩の糞にはクリプトコッカスと呼ばれる病原菌が含まれており、これは人間に感染します。主な症状は肺炎ですが、子供や高齢者が感染した場合には重症化する可能性が高いため、そういった糞等の処理に関しても駆除業者に依頼することが適切だといえるでしょう。自身や家族の健康を守るためにも早急な駆除業者への依頼が大切になるのです。