ノミや南京虫駆除の必要性|業者による点検を実施すれば一安心

作業員

ノミによる被害の見分け方

作業員

ペットと一緒に暮らしているというのは数多くいるかと思います。しかし、ペットを飼っている際には害虫問題が発生してしまうことが多々あるのです。その害虫問題というのはノミによる衛生被害で、特に外出して草むら等に入る機会の多い猫を飼っている場合には多く発生します。ノミは生き物の血を吸って生きる害虫で、もちろん人間の血も吸います。その繁殖力も高く、気づいた時には家の中で大量発生しており一晩で40箇所刺されてしまうといったことも有り得ないことではありません。そうなる前にノミの存在に気づき、ノミ駆除を行う必要があるのです。
多くの人はノミの存在に気づきません。その理由としては、ノミに咬まれても蚊と咬まれた時と同じような痒みしか発生しないからです。そのため、ノミではなく蚊による被害だと勘違いし大発生するまで気づかないのです。しかし、蚊に刺さるのとノミに咬まれる場合には大きな違いがあります。その特徴を知ることで、早期のノミ駆除を行うことができるでしょう。ノミは蚊と違い、肌の露出した部分だけの血を吸うのでなくあまり露出していない皮膚の柔らかい箇所を探しだして吸血する習性があります。特に、足を咬むことが多いため足に咬まれた後が大量にできた際にはノミによる被害だと考えていいでしょう。また、小さいお子さんがいる家庭の場合、大人よりも肌の柔らかいお子さんは集中して狙われます。子供への被害を防ぐためにも早いうちでのノミ駆除は大切なのです。また、その発生量によっては個人の力だけでは駆除が困難な場合があるでしょう。そういった問題はノミ駆除業者が解決してくれます。ノミ駆除業者であれば確実に全てのノミを死滅させ、その後のアフターサービスまで行なってくれます。手に負えないノミ被害が発生した際にはノミ駆除業者に依頼することをお勧めします。